江見 拓哉

名前:江見 拓哉

大学:東京理科大学大学院 理工学研究科情報科学専攻

出身:茨城県牛久市

趣味:ハンドボール、麻雀、ソーシャルゲーム

性格:楽観的

【どんな就活をしたか】
私の就活のスタートは12月の合同説明会でした。合同説明会で企業の名前を知り、興味があったら個別の説明会に行くといういわゆる普通の就活をしていたと思います。
アクロクエストに内定を頂いて就活を打ち切ったので期間にして2ヶ月半しか就活らしいことをしていません。
今振り返ると自分がどういう風に仕事をしたいのかを考えることが多かった気がします。いわゆる自己分析です。
私の場合、自己分析をしていく中で自身が成長できる企業で働きたいと考えるようになりました。そんな中アクロクエストと出会い、いままで見てきた企業の中で一番成長できそうな企業だと思いアクロクエストに決めました。
少ない経験ながら言えるのは就活をしながら自分が一番大切にしたいことを見つけることだと思います。

【なぜアクロクエストなのか】
最初は「社員全員の話し合いで自分の給与を決めるだって?なんて斬新なんだ!」と思い興味を持ちました。その後AIN(Acro Interface Night…アクロクエストの社員と飲んで語る企業説明会)で話を聞いていると、査定の際に自分の欠点が社員の方々から指摘されるというではありませんか。
私はそれまでの人生で面と向かって自分の欠点を指摘されたことがほとんどなかったのでその取り組みに衝撃を受けました。
自分が成長できる環境を最優先に考えていた私はその場でこの会社の選考を受けようと思いました。
実際にアクロクエストの社員の方と話すとアクロクエストをよくしていこう、大きくしていこうという思いがビシビシ伝わってきました。それだけでなくアクロクエストでは周りと積極的にコミュニケーションをとったり、内定者の研修に協力してくれたりと、個人だけでなく会社全体で成長していこうと社員全員が働いているのがわかりました。
私もそういう大人になりたいと思いましたし、こういう志を持った人たちの中で自分も成長していきたいと本気で思いました。
厳しいですがやりがいのある環境で働きたい方にとっては、アクロクエストは最適な職場だと思います。

【就活生へメッセージ】
就活はこれまでの人生を振り返る貴重なタイミングだと思います。
自己分析をするなかで自分の人生を振り返ってみて何を大切にしてきたか、あるいはこれからどうしていきたいかを考えて見ましょう。
たとえば私は自己分析の結果、自分が高校時代からなにも変わっていないと感じ、就職を期に少しでも成長したいと考えました。だからアクロクエストを選んだのです。
私と違い人生を振り返り、なにか大切にしているものが見つかった人はそれを軸にして企業を選ぶといいでしょう。事業内容、働きやすさ、人間関係、給料・・・何でもいいと思います。それが企業選びにおける絶対的な基準となるでしょう。
これから何十年と続くであろうキャリアの第一歩。納得できる第一歩を踏めるように、まずは自分としっかり向き合ってみるといいのではないでしょうか。



他の内定者の記事もどうぞ!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中