木所 佑斗

dsc00251

名前:木所佑斗
大学:東京工業大学
出身:静岡県沼津市
趣味:音楽鑑賞、パン屋巡り
性格:心配性、楽しみ上手

【どんな就活をしたか】
私が就活を始めたのは11月後半です。まだ自分の進む業界に強い希望がなく、自己分析をしつつ合同説明会で多くの企業の話を聞きながら日々を過ごしていました。その中で偶然アクロクエストと出会い、自分のやりたいことや望む環境が非常にマッチしていることを知りました。年が明けてからはIT企業を中心に説明会をまわり、十分比較したうえでアクロクエストに決めました。
期間にして3ヶ月弱、ビジョンがなかなか見えず不安から始まった就活でしたが最後はここで働きたいと本気で思える企業に内定をもらえて非常に満足しています。自分が将来働くうえで何を重視していくかを考え、よく話し合って会社を理解したことが就活を有意義なものにできた一つのポイントだったのかもしれません。

【なぜアクロクエストなのか】
私がアクロクエストを選んだポイントは3つあります。
1つ目は業界の先端で活躍できる環境です。現在私たちの周りを取り巻く様々な業界でIT技術の重要度は増しており、この先もその領域は拡大していくはずです。私は成長著しいこの分野の最先端で能力を発揮できる企業を探していました。アクロクエストにはIoTやデータ分析などのITサービスにおいて高い技術力があります。それらを発信、利用することで業界内外に大きく貢献できるということに魅力を感じています。
2つ目は教育制度です。非常に充実していると感じています。内定直後から始まる内定者研修、入社後も数多くの教育プログラムを選択でき、新人1人に対し社員1人が成長をサポートするYAPA制度もあります。自分の現在の技術力を不安に思っていた私にとって嬉しい内容です。
3つ目は会社の雰囲気です。例えば、査定の際に全員会議で給料を決定するといった制度はとても独特だと思います。他人に向かって欠点を指摘することは難しいことかもしれませんが、意見を考えて発信することは自分の人間性を高め、チームの成長・結束力の強化にも繋がると思います。そしてなにより私にはここで働く方々の表情がとてもいきいきとして見えました。自分も共に働きたい、単純な気持ちかもしれませんがそのように一番強く思えたのがアクロクエストでした。

【就活生へのメッセージ】
自分が何を大切にして企業を選びたいか、その基準を決めて比較していくと本当に自分が行きたい先が見えてくると思います。もし今その基準が曖昧でも自己分析を重ねれば自分が何を重視したいかきっと分かるはずです。その際視野を広く持つことも大事です。そのために重要なことの1つは先入観を取り除くことです。就活を始めた頃の私は、今プログラミングに手慣れていなければIT業界は難しいのでは?大企業に比べて中小企業は不利なのでは?などの思い込みをしていました。しかし説明を聞いたり積極的に質問をしたりすることで、情報系以外の専攻出身の人でも活躍していること、大企業に頼られる中小企業が存在することが分かりました。間違った判断基準を取り除けたことで本当に見たい基準を見ることができ、満足のいく内定へとたどり着けたのだと思います。
視野が広がると多くの可能性が見えてくると思いますが、自分の軸ができていれば周りに流されることなく自分に合った企業を選べるはずです。あとは積極的に企業を知りに行くのみ。はっきりとした自分の基準で選んだ企業なら熱意も伝えやすいです。
…とここまで偉そうに語ってきましたが、実際自分がしてきた就活について、正解かどうかは分かりませんし、正解があるかも分かりません。しかし今の私は自分の就職活動に満足しており、将来について悩み抜いたこの期間はとても充実していて楽しささえ感じました。就活は人生の大きな転換期です、満足のいくまで悩んで最高の結果をつかんでください!



他の内定者の記事もどうぞ!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中